鏡を見る女性

ダイエットの前に

鏡を見る女性

身体を健康的にもスリムにするためには、ダイエットをする前の基礎代謝を向上させることが大切です。また、基礎代謝を上げるために簡単な作業が準備運動やストレッチなのです。

基礎代謝を上げた後のダイエットはとても効果的で、エステに行くお金がなくても自分で基礎代謝を上げて、ダイエットに挑む方法もあります。それが準備体操です。学校の体育の時間でもやった人が多いと思いますが、軽いジョギングや柔軟体操といった準備運動はダイエット、とりわけ痩身には重大な意味を持ちます。
体の脂肪の燃焼サイクルを大雑把に説明すると、体を動かしてエネルギーを消費することで、脳が「体内にある脂肪でエネルギーを補え」という命令を出して、それで身体の中に細胞が脂肪を燃焼させようとします。そこから一定時間運動を続ければ、ようやく脂肪が燃え始めます。本当はもう少しややこしいのですが、簡単に言うと「動き続けていれば脂肪は燃える」ということです。
だから、痩身エステを受けると脂肪が燃えやすい状態になり、ダイエットに効果的というわけです。
この脂肪燃焼だが、この状態になるにはある程度の時間は運動をしなくてはいけません。本格的に脂肪が燃え始めるのは人によって差があり、大体20分間の運動後だそうです。なのでいきなりたくさん走っても、脂肪が燃えやすい状態にはなってないので少し効率が悪いため注意しましょう。
そんな時に大事なのが準備運動です。軽い運動でも、少ししっとりと汗をかく程度の運動で、脂肪が燃えやすい状態になります。また、適度な柔軟体操は怪我の防止にもなるし、柔らかい筋肉を作るため、ダイエット前の準備運動はとてもおすすめです。

日常ダイエット

振り返る女性

いくらエステで身体を綺麗にしたり、エクササイズで体の脂肪が燃やしても、結局一番大事なのは自分の普段の生活です。というわけで、ここでは普段の生活について少しアドバイスします。普段の生活サイクル。これもちゃんとしたダイエットの一種になってくるのです。
食生活も日常生活で大事なことですが、何より規則正しい生活を送ることが大切です。実はある程度規則正しい生活を送ることで、体重増加は抑えることができるし、エクササイズの脂肪燃焼効率のアップや、美容効果も望めます。
例えば、休みだからといって昼まで寝て、ご飯を一日二回程度しか食べない。これはやっては駄目な行為です。食事回数が減ると、身体は栄養を脂肪に溜め込みやすい体質に変えてしまうので、結果食事量は減っても太りやすい体になってしまいます。次に夜更かし。これは言う必要もないかもしれませんが、夜更かしはお肌の大敵です。夜更かしすることで肌は荒れ、睡眠時間の現象によるストレスの増大で体調が悪化します。
夜中の間食も出来れば避けたいところです。カロリーがつきやすくなるし、あとは寝るだけなので消費される事なくお腹の脂肪へと変わっていってしまいます。
せっかくエステやジムでのエクササイズをしているのに、普段の生活がこれではせっかくの効果も台無しです。綺麗になったり理想の体型を作りたいのだったら、まずは生活を見直すことから始めてみましょう。しっかり寝ることにより運動時の集中力も向上し、エクササイズの効率もアッします。

脚痩せの関連記事
  • ソファーに座る女性
    【※買う前に読もう】レッグシェイプナイトスパッツの口コミや効果
おすすめの記事