レーザーが毛根に届く

脱毛器
レーザー脱毛に使用するレーザーは、毛穴の毛根部分に反応します。毛根部分は黒い色素なのでレーザーが反応しやすく、その部分にレーザーが当たってくれるので狙いやすいです。
毛が生えるサイクルがあり、レーザー脱毛はそのサイクルを壊す働きがあります。一度毛が生えると成長しますが、一定の長さや太さまで成長したあとは抜けます。しかし、抜けたあとまた生え出すので毛の濃さや太さが減ることはありません。
剃刀やハサミ、電気シェーバーを使って自己処理していても、毛が減るどころか刺激が与えられてより太くなるしかありません。毛を切断しても、切断面が太くなったり、量が増えてしまったりします。
レーザー脱毛は毛根に照射したあと、毛は成長しますが、次第に色素が薄くなります。また毛の太さも変わり、細くなって目立ちにくくなります。
剛毛と呼ばれる人の毛は、髪の毛や眉毛のように色がハッキリと認識でき、太さも分かりやすいものが一般的です。ワキ毛やデリケートゾーンの毛は、分かりやすい毛が多いものの、目立ってほしくないと思う人が多いので洋服で隠す人が多く存在します。
ワキ毛は悪臭の原因につながっていることもあるため、除毛してツルツルのなにも無い肌にすることで臭いを改善することも可能です。
毎日行うよりも、1回レーザー脱毛を受けたあとは、数ヶ月のダウンタイムが必要です。肌の調子を整えるためにも、ダウンタイムを設けながら定期的に行うと次第に毛が気にならなくなります。

脱毛に関してのルールとは?

ウーマン
お肌や体の調子によってレーザー脱毛が受けられないことがあります。エステによって規定が設けてあるため、内容を守って利用することが大切です。

規定を守る

毛が薄くなり、次第に生えなくなっていくのがレーザー脱毛の特徴です。レーザーを気になる箇所に照射するだけで、手入れが要らないツルツルした肌が得られます。
女性のレーザー脱毛の利用者が全国的に多く存在します。
安全で安心できるレーザー脱毛ですが、肌の状態や体調によって施術を受けられない場合があります。
脱毛サロンによってレーザー脱毛を受けるために守る規定があります。全ての項目を守ってこそ、レーザー脱毛の効果が実感できるようになっています。

肌の状態

太陽が強く照らされている夏場は、日焼けが起きやすい季節です。日焼け止めクリームを塗らなければすぐに肌が黒く焼けたり赤みを帯びてしまいます。
脱毛を受ける場合、日焼けで黒や赤くなった肌は施術が受けられません。レーザーは調節で痛みを抑えられますが、肌が荒れている場合は痛みが増しやすかったり脱毛効果が感じづらいので受けられません。
また吹き出物やニキビなどの肌トラブルが起きているときも受けられない可能性が高まります。
自己処理後でも、肌の毛穴から出血がないことはもちろん、クリームなどを付けないように規定しているサロンも存在します。
下準備として毛を揃えることでも、毛が生えすぎている人はレーザーが過剰に反応してしまうため、自己処理のチェックも行われます。異常やトラブルが起きないためにも、肌の状態がよいときにレーザーを当てることが大切です。

おすすめの記事